伊藤ゴロー

伊藤ゴロー
作曲家/ギタリスト/プロデューサー

MOOSE HILL名義で2001年にソロ活動を開始。
ボサノヴァ~クラシック~ロックとジャンルを横断し音楽を探求。
伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム『RENDEZ-VOUS IN TOKYO』がブラジルディスク大賞2位を受賞。
ソロ活動以外にも坂本龍一、細野晴臣との共演、ボサノヴァ・デュオnaomi & goroとしてのアルバムリリース、韓国・中国公演など国内外で活動。
近年のプロデュース作品は、原田知世『音楽と私』、『ゲッツ/ジルベルト+50』(ブラジルディスク大賞)他多数。
『ブルーハーツが聴こえる「1001のヴァイオリン」』(監督:李相日)、『君と100回目の恋』(監督:月川翔)、『雪に願うこと』(監督:根岸吉太郎)の劇伴も担当。
詩人で造本家の平出隆との《Crystal Cage College》の開校、青森県立美術館『芸術の青森展』にインスタレーションを出品など多方面で活動。